日本語編集

動詞編集

たびかさねるねる】

  1. (他動詞) 繰り返し行う。「重ねる」の繰り返していること・続いていることをより強調した語。
    • このように、ヨルダンの国王が訪日を度重ね、その結果、両国関係が発展してきていることは、我が国外交上も有意義である。(外務省、アブドッラー・ヨルダン国王の訪日(概要と評価))〔2010年〕[1]
    • このような法案を議会の民主的手続のじゅうりんを度重ねて強引に強行成立させるなど、絶対にあってはならないことであります。(小池晃、第154回国会参議院本会議)〔2002年〕[2]

活用編集

たびかさ-ねる 動詞活用表日本語の活用
ナ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
たびかさ ねる ねる ねれ ねろ
ねよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 たびかさねない 未然形 + ない
意志・勧誘 たびかさねよう 未然形 + よう
丁寧 たびかさねます 連用形 + ます
過去・完了・状態 たびかさねた 連用形 +
言い切り たびかさねる 終止形のみ
名詞化 たびかさねること 連体形 + こと
仮定条件 たびかさねれば 仮定形 +
命令 たびかさねろ
たびかさねよ
命令形のみ

関連語編集

編集

  1. 『アブドッラー・ヨルダン国王の訪日(概要と評価)平成22年4月5日』(外務省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/jordan/visit/1004_gh.html 2020年2月20日参照。
  2. 「第154回国会 参議院 本会議 第43号 平成14年7月31日」国会会議録検索システム https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=115415254X04320020731&spkNum=9&single 2020年2月20日参照。