日本語編集

動詞編集

たびかさなるなる・る】

  1. (自動詞) (出来事などが)繰り返し起こる。「重なる」の繰り返していること・続いていることをより強調した語。
    • それ以来、数十回のご依頼を受けましたがみんなおことわりしました。ことわるのは面白いからではなく、止むを得ないからで、この止むを得ない事が、度重なっておきのどくなのでその結果今日やって来ました。(夏目漱石「おはなし」)〔1914年〕[1]
    • 家の中へ這入りこむと妙なもので、最前までの気持とはガラリと変り、いやに気が落着いて来た。度重なる夜々の冒険が、僕の心をひき緊めたのでもあろうか。(海野十三「深夜の市長」)〔1936年〕[2]

活用編集

たびかさな-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
たびかさな

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 たびかさならない 未然形 + ない
意志・勧誘 たびかさなろう 未然形音便 +
丁寧 たびかさなります 連用形 + ます
過去・完了・状態 たびかさなった 連用形音便 +
言い切り たびかさなる 終止形のみ
名詞化 たびかさなること 連体形 + こと
仮定条件 たびかさなれば 仮定形 +
命令 たびかさなれ 命令形のみ

関連語編集

編集

  1. 青空文庫(2020年1月24日作成)(底本:「21世紀の日本人へ 夏目漱石」晶文社、1998年12月25日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/59017_70177.html 2020年2月20日参照。
  2. 青空文庫(2010年10月10日作成)(底本:「海野十三全集 第3巻 深夜の市長」三一書房、1988年6月30日第1版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1219_41193.html 2020年2月20日参照。