漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+音符「」。「」は、「」の原字で、垂れ下がったものをまとめる様子(→世の中をまとめるの人)、「口」は、まとめる声を発する語気又は神器で、まとまったもの、正当であるものを意味。後に「只」と用法が重なり、音も「只」にひかれた。

意義編集

  1. (古用)上帝を祭る資格のある者(→「」)
  2. (副詞、多くは「不啻」など否定字と組み合わせて)ただ、ただ単に。

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

コード等編集