漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+音符「」。「乏」は、「正」の鏡面対照字「𠂜」をもととし、「正」の「すすむ」に対して「とどまる」「動きが取れない」「なくて困る」の意。「貝(財貨)」と併せ、財貨乏しい、或いは財貨を乏しくすることを意味し、そこから派生して「けなす」「おとしめる」という意味になった。

意義編集

  1. けなすそしる
  2. おとしめるいやしめる下げる
  • 対義字:

日本語編集

発音(?)編集

動詞編集

  1. ヘンするけなすそしる

活用

サ行変格活用
貶-する

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

名詞編集

  1. けなすこと。そしること。

熟語編集

ベトナム語編集

*

動詞編集

  1. ののしる。非難する。

コード等編集