漢字編集

字源編集

  • 形声。元字は『』、「」+ 音符「」はの『鉄』は比較的古くから(中国本土においても)使用された形声の略字で、「金」と「失」を合わせて「頻繁に使われて失いやすい金属」という意味[要出典]

意義編集

  1. 金属の一種、くろがね
  2. かたいつよい
  3. 鉄道」に関する造語成分。

日本語編集

発音編集

名詞編集

(てつ)

  1. 金属の一種。原子番号26、元素記号Fe、 常温常圧では銀灰色の固体で、人間に最も身近金属のひとつ。くろがね
    • 例えば普通金属中で最も磁石に感じやすいものはとニッケルだが、不思議な事には鉄を七十七、ニッケルを二十三の割合に交ぜて作った合金は常温ではほとんど磁石に感じない。(寺田寅彦話の種』1907年)
  2. (比喩)強固なもの
    • それにも拘らず、彼は私のやうなの意志、の無神経をもつところの人間を相手として友達に選び、それに抵抗しつつも最も親しまざるを得ない悲劇的な性格を与へられてゐたのであらう。(坂口安吾長島の死』1934年)

発音編集

  • テ↗ツ

訳語編集

熟語編集


コード等編集


字典番号編集

  • 康熙字典 : 1300.140
  • 諸橋大漢和(日本): 40285
  • 大字源(韓国): 1802.260
  • 漢語大字典(中国): 64186.140