日本語編集

名詞編集

こころのこりり】

  1. 思い残って思い切れないこと。未練
    • 今度ワシントンで会った時も、日本への一つの心残りは、帰る前に今一度あのお婆さんを訪ねる時間がなかったことだ、と言っていた。(中谷宇吉郎ケリイさんのこと』1954年)

発音編集

こ↗ころの↘こり

関連語編集

翻訳編集

形容動詞編集

活用

ダ型活用
こころのこり-だ