日本語編集

動詞編集

のこるる、る】

  1. 全体のうち一部無くならないでいる。
  2. ある場所留まる
  3. 一部の成員死ん生き続ける死に後れる死に残る
  4. そのまま存在続ける
  5. 結果としてじた物事がそのままの状態留まる
  6. 後世伝わる
  7. 決められた距離時間の一部が余る
  8. 他が列挙されたあと、まだ言及されていない。残余となる。のこりの。
    • 一人は食道癌であった。一人は胃癌であった、残る一人は胃潰瘍であった。(夏目漱石変な音』)
  9. 相撲将棋相手攻め堪えることができている。
  10. 動詞連用形の後ろに付いて、複合動詞の一部を構成する。
    1. 存在し続けて、前に付いた動詞の表す動作を行う。
    2. 前に付いた動詞の表す動作によって全てが失われることなく、一部が存在し続ける。
  11. (「のこらず」の形で副詞的に)すべてほとんどすべて。
    • しかし頼む力の親分は召捕りになり、どうで遠島は免かれまいと立つ噂に、身内は残らず散って、残るは三蔵ただ一人きりである。(長谷川伸沓掛時次郎 三幕十場』)

活用編集

のこ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
のこ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 のこらない 未然形 + ない
意志・勧誘 のころう 未然形音便 +
丁寧 のこります 連用形 + ます
過去・完了・状態 のこった 連用形音便 +
言い切り のこる 終止形のみ
名詞化 のこること 連体形 + こと
仮定条件 のこれば 仮定形 +
命令 のこれ 命令形のみ

発音編集

東京アクセント編集
の↗こ↘る
京阪アクセント編集
↗のこる

翻訳編集

関連語編集

  • 派生語:
  • 複合語:
  • 連語:
  • 成句: