日本語編集

名詞編集

つみほろぼしぼし】

  1. 善行をして過去埋め合わせをすること。
    • そんな折り、故意にみせる優しさというのも、心底から夫人への償いに動かされているというよりは、放蕩で穢れた自分を浄めるための、それが罪滅しのようであった。(矢田津世子『女心拾遺』1936年)

発音(?)編集

つ↗みほ↘ろぼし

動詞編集

活用

サ行変格活用
つみほろぼし-する