贔屭 および 赑屃 も参照。

日本語編集

名詞:ひき編集

 
語義2 贔屓。盧溝橋

ひきびし

  1. 力を入れること。
  2. 亀の姿に似た中国古代の伝説上の霊獣。重きを負うことを好むといわれ、そのため古来中国においては石柱や石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。


名詞:ひいき編集

ひいき :別表記:贔負、「引き」の当て字ともいわれる)

  1. 自分の気に入った者を特別扱いして、力を添えること。扱いにをつけて、愛情を注ぐこと。
    • おやじはちっともおれを可愛がってくれなかった。母は兄ばかり贔屓にしていた。(夏目漱石坊っちゃん』)

活用

サ行変格活用
贔屓-する

関連語編集

類義語編集

対義語編集

翻訳編集

中国語編集

名詞編集

bìxì 簡体字:赑屃

  1. 力を入れること。
  2. 亀の姿に似た中国古代の伝説上の霊獣。