漢字編集

字源編集

  • 会意を組み合わせた(人に衣を添えた)形。衣には人の霊が取り憑くと考えられたので、霊を授かる・引き継ぐときに、霊が取り憑いている衣を人により添えて、霊を移す儀式をした。それで「よる、よりそう」の意味になる[1]

意義編集

  1. よる。もたれる。
  2. 基づく。よりどころとする。

日本語編集

発音編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集

  1. 平凡社「常用字解」第二版 白川静・著 p.9