漢字編集

字源編集

意義編集

  1. 果実
  2. 中心となる小さい物体
  3. 原子の中心となる小さい物体。原子核原子力

日本語編集

名詞編集

(かく)

  1. ものごとの中心となるもの。
  2. 《物理学》原子核
  3. 《化学》相転移の開始点となるもの。結晶化の場合は結晶核という。
  4. 《化学》環式有機化合物の骨格部分。ベンゼン環(ベンゼン核)など。
  5. 《生物学》真核細胞細胞核
  6. 《生物学》内果皮が硬化し、種子本体を保護するようになったもの。「さね」とも。
  7. 《地球科学》天体中心核
  8. 真珠養殖で、母貝に入れる
  9. 核兵器の略。
  10. (線型代数学) ベクトル空間 VW線型写像 f: VWゼロベクトル 0 について、{vV | f(v) = 0} で定義される V の部分空間。身近な例としては、右辺を全て零とする連立一次方程式 Ax = 0 を満たす全ての解。
  11. (代数学) GG′準同型写像 f: GG′単位元 e について、{aG | f(a) = e} で定義される G正規部分群
  12. 《日本語学》アクセント核

類義語編集

用法編集

  • (語義10、11)与えられた線型写像や準同型写像 f に対する核を、記号では Ker(f) や Ker f などと表す。

翻訳編集

熟語編集

中国語編集

*

名詞編集

  1. 果実たね
  2. 中心中核
  3. 原子核

  1. 果実の種。

熟語編集

朝鮮語編集

*

名詞編集

  1. (日本語に同じ)核

熟語編集

ベトナム語編集

*

コード等編集

点字編集