日本語編集

名詞編集

かんさつ

  1. 物事状態注意して見ること。
  2. 物事を見て得た結果判断
    • 私はきわめて概括的な、そのくせバラバラになった観察を書いた。(和辻哲郎『夏目先生の追憶』)
    • 諸方に物見を放って、昨日から家康が耳に蒐めた情報は少なくない。けれど肝腎な京都、安土方面のうごきは、皆目知れない。交通遮断されているためと、彼は観察を下していた。(吉川英治『新書太閤記』)

翻訳編集

動詞編集

活用編集

観察-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
観察

する する すれ しろ
せよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 観察しない 未然形 + ない
否定(古風) 観察せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
観察される 未然形 + れる
丁寧 観察します 連用形 + ます
過去・完了・状態 観察した 連用形 +
言い切り 観察する 終止形のみ
名詞化 観察すること 連体形 + こと
仮定条件 観察すれば 仮定形 +
命令 観察しろ
観察せよ
命令形のみ