漢字編集

字源編集

  • 形声。「」 + 音符「」。「凡」は「」の原字で、盥盤の側面の象形。「」と同様に、「かぜ」を起こすと見なされた大きい、即ち「おおとり」が原義。後に、「かぜ」の意味は「風」に取って代わり、「鳳」は「おおとり」の意味で用いられるようになった。「鳳」最初は高い鳥の冠、美しい羽持つ神鳥の象形。

意義編集

  1. おおとり
    類義字:

日本語編集

発音編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集

ベトナム語編集

*

コード等編集