日本語編集

動詞:騙す編集

だますす】

  1. 他人に自分の思い通りの行動をさせるために、本性隠したり、うそをつくなどして誤認させる。
    • あいつは、私を信じすぎていたのだ。私も悪い。女房を、だましすぎていた。だますより他はなかったのだ。家庭の幸福なんて、お互い嘘の上ででも無けれあ成り立たない。いままで私は、それを信じていた。女房なんて、謂(い)わば、家の道具だと信じていた。いちいち真実を吐露(とろ)し合っていたんじゃ、やり切れない。私は、いつもだましていた。それだから女房は、いつも私を好いてくれた。(太宰治・『女の決闘』)

活用編集

だま-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
だま
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 だまさない 未然形 + ない
意志・勧誘 だまそう 未然形音便 +
丁寧 だまします 連用形 + ます
過去・完了・状態 だました 連用形音便 +
言い切り だます 終止形のみ
名詞化 だますこと 連体形 + こと
仮定条件 だませば 仮定形 +
命令 だませ 命令形のみ

発音編集

東京アクセント編集
だ↗ま↘す
京阪アクセント編集
だま↗す

翻訳編集

関連語編集

動詞:方言編集

だます

  1. (方言、東北・北関東・静岡等)子供あやす
  2. 灰汁を抜く。