漢字編集

字源編集

  • 康煕字典には「」の異体字として採録、現在では廃字。日本において、の略体としたもの。「假」は「」+音符「」の会意形声文字。「叚」は由来不詳であるが、「覆った」「本物でない」「余分な」「余計な」「一時的な」「(本物より)大きい」の意がある。

意義編集

  1. (古用、廃字)「」の異体字。
  2. かりにせみせかけいつわり
  3. かりに
  4. 一時的な。
  5. かす(貸)
  6. かりる(借)
  • 類義字:
  • 対義字:

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. かり本格的ではなく一時的まにあわせのもの。
  2. かり本来のものではないこと。偽物にせもの。よそおったもの。
  3. かり仮定仮説

熟語編集

手書きの字形について編集

  • 教科書体における「仮」の右側は「坂」、「板」、「版」などの同じ構成要様と明らかに異なる書き方をしているが、これをもって、「坂」、「板」、「版」などの右側とは異なる書き方をしなければならないことを意味するわけではない。一般的に「坂」、「板」、「版」などの右側と同様に「反」と書くことは常用漢字表の字体・字形に関する指針p.123(文化庁 2016)を見ても明らかである。本事例は、「第」「弟」の左はらいと縦画の接し方がそれぞれ異なっているのと同様、たまたま異っていたにすぎない。

中国語編集

*

朝鮮語編集

*

コード等編集

点字編集