漢字編集

  • 部首: + 0
  • 総画: 6画
  • 筆順
      (日本の学校で教えている筆順)
      (中国における筆順。また、日本でもこのような筆順をとることもある[1]。)

字源編集

          

    

 

 
金文 甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. みみ

日本語編集

読み編集

名詞編集

  1. みみ聴覚を感ずる感覚器及びその周辺器官
    • 耳が痒い。
  2. みみ)特に哺乳類で、語義1の器官に音を集める働きを有する器官。耳朶みみたぶ
    • 兎のは長い。
  3. みみ傾聴する意思
    • 聞くを持たない。 の痛い話だ。
  4. (仏教) 聴覚機能聴覚器官五根六根十二処のひとつ。耳根にこん耳処にしょ(ウィキペディア「三科」、「五位」も参照)。

翻訳編集

語義1

助詞(漢文編集

  1. (漢文の読み下しで)のみ。~だけ。
  1. 「直不百歩」(ただ、百歩ならざるのみ

熟語編集

手書きの字形について編集

  • 下の横画(日本の学校で教えている筆順における第5画)について、右側を払って書かなければならないと解釈する人が多く、一部の副読本[2]にもそのような記述が見られるが、実際は止めても払ってもよい。[3]
  • 下の横画(日本の学校で教えている筆順における第5画)について、上記筆順画像のように縦画から出しても、縦画から出さずに止めてもよい。この書き方は、この字単体か、構成要素としての字かは問わない。[4]

中国語編集

*

語源編集

シナ・チベット祖語 *r/g-na

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集

ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. みみ

コード等編集

点字編集

脚注編集

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年
  2. 学習漢字996字の読み方・書き方 初版(1978年 小学館)
  3. 常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)について Q70
  4. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.56,p.93 2016年2月29日 文化庁