漢字編集

字源編集

  • 会意。「」+「(←)」の会意。「享(古体:)」は「」の原字で、城郭の象形、「丮」は、両手で工事するさま。城郭に付属した建物を意味していたが、音を仮借し、「いずれ、だれ」の意に用いるようになったため、元の意は「土」を付し「」に引き継がれた。説文解字の親字には採用されてはおらず、「」の原字である「𦏧」が採られている。また、「𦎫」には「孰也」との記載がある。
 

 

 
金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. (仮借)いずれ
  2. (仮借)だれ

日本語編集

発音編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

コード等編集