漢字編集

字源編集

  • 象形。「」「」等と同じく建物の形[字源 1]、また一説に宗廟の形[字源 2]。楷書では「」や「」の形にも作る[字源 3]。「すすめる」「献上する」を意味する漢語{享 /*hlangʔ/}を表す字。また仮借して「煮る」を意味する漢語{烹 /*phraang/}に用いる。
    • ちなみに「」の偏は「𩫖」(城郭の象形)に由来し、筆画の簡略化により「享」となったもので、本項の「」とは異なる[字源 4](それぞれの字の甲骨文金文の形と用法を参照)。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 王慎行 「商代建築技術考」 『殷都学刊』1986年第2期、9頁。
    黄錫全 「甲骨文字釈叢」 『考古与文物』1992年第6期、81-82頁。
  2. 季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、454-455頁。
  3. 裘錫圭 『文字学概要』 商務印書館、1988年、224頁。
  4. 朱徳煕 「古文字考釈四篇」 『古文字研究』第8輯 中国古文字研究会、中華書局編輯部編、中華書局、1983年、15-22頁。
    裘錫圭 『文字学概要』 商務印書館、1988年、84、170頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、454-455頁。

意義編集

  1. 饗応する。
  2. うける

語源編集

  1. Axel Schuessler, ABC Etymological Dictionary of old chinese, University of Hawaii Press, 2006, pp. 533。

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

ベトナム語編集

*

動詞編集

  1. 享受する。

コード等編集

点字編集