字源

編集
  1. 季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、655-656頁。

意義

編集
  1. のぞむ。遠方をみる。
  2. のぞむ。何かを待ちわびる。
  3. のぞむ。現在を不満に思い、将来を期待する。
  4. 信用されること、頼りにされること。

語源

編集
  1. のぞむ:一説に、ビルマ語 မြင် (見る)等と同根[語源 1]
  2. 満月:トカラ祖語 *meñe (> トカラ語A mañ トカラ語B meñe 「月」)と関連づける説があるが、音の対応には問題がある[語源 2]
  1. Axel Schuessler, ABC Etymological Dictionary of old chinese, University of Hawaii Press, 2006, p. 508-509.
  2. Václav Blažek, A hypothetical Tocharian contribution to Chinese astronomical terminology, Hannes A. Fellner, Melanie Malzahn, and Michaël Peyrot (eds.), lyuke wmer ra - Indo-European Studies in Honor of Georges-Jean Pinault, Beech Stave Press, 2021, pp. 70-71.

日本語

編集

発音(?)

編集

名詞

編集
  1. ボウ満月

関連語

編集

熟語

編集

手書きの字形について

編集
「望」の構成要素「月」の書き方について
  • 以下に示すいずれの書き方でもよい[1]
    • 上記筆順画像のように、単独の「月」と同様に書く
    • 「然」の左上のようにななめに書き、第2画の終筆をはねない
    • ややななめに曲げた書き方(教科書体通りに書くことを唯一正しい書き方とする一部の副読本[2]の書き方)。
  • 横画の終筆と縦画との離接は問わない。また第1画はまっすぐ書いても左側に払って書いてもよい[3]
  • 第2画の終筆は止めてもはねてもよい。
「望」の構成要素「王」について
  • 漢字の「王」と同様に考える[4]
「望」の構成要素「亡」について
  • 第1画の書き方、また第1画と第2画との接し方は漢字の「亠」と同様の考え方でよい[5]
  • 第3画の横線は、以下のいずれでもよい[6][7]
    • 上にはねて書く
    • 横にまっすぐ書く
    • 下にわずかな弧を描く
  • 第2画と第3画の接し方は、以下のいずれでもよい。
    • 左側から横画をある程度残した位置から3画目を下ろして書く。なお、その時第2画との離接は問わない[8]
    • 左側から横画が残るか残らないかのほんの短いわずかな位置から下ろして書く[6]

中国語

編集

*

熟語

編集

朝鮮語

編集

*

熟語

編集

関連語

編集

ベトナム語

編集

*

熟語

編集

コード等

編集

脚注

編集
  1. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.185 2016年2月29日 文化庁
  2. 『学習漢字996字の読み方・書き方』p.116 小学館 1978年3月
  3. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.46-47,52 2016年2月29日 文化庁
  4. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.38 2016年2月29日 文化庁
  5. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.42 2016年2月29日 文化庁
  6. 6.0 6.1 『漢字の○×』p.116 江守賢治(日本習字普及協会 1977年11月)
  7. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.52 2016年2月29日 文化庁
  8. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.185 2016年2月29日 文化庁