字源

編集

意義

編集
  1. 植物の「」。

語源

編集
  • チベット語 ཁུལ་མ底面) 、カルビ(ミキル)語 ang kur (根)等と同根。

日本語

編集

読み

編集

名詞

編集
  1. 植物の一部分で、地中養分水分を吸収する部分。
  2. (ね)ものごとの始まり、
    • 息の根
  3. コン)物事に耐え抜く力。
    • 精も根も尽き果てる
  4. コン)(数学多項式を0にする変数の値。方程式とほぼ同義。

訳語

編集

造語成分

編集
  1. 植物の一部分で、地中養分水分を吸収する部分。
  2. ものごとの始まり、
  3. 拠り所
  4. 余さず。悉く根本から。
  5. 物事に耐え抜く力。
  6. 数学)何かの根源になっている数。
    1. 多項式を0にする変数の値。方程式とほぼ同義。
    2. あるを何回か掛け合わせたに対するもとの。反対概念は累乗または冪乗べきじょう

熟語

編集

関連語句

編集

中国語

編集

名詞

編集

量詞

編集
  1. 細長いものの数。

熟語

編集

朝鮮語

編集

*

名詞

編集
  1. (植物、数学)根
  2. (化学)

字典番号

編集
  • 康熙字典: 0524.070
  • 諸橋大漢和(日本): 14745
  • 大字源(韓国): 0912.090
  • 漢語大字典(中国): 21208.020

コード等

編集
  • Unicode:
    • 16進: 6839
    • 10進: 26681
  • Big5:
    • 16進: AEDA
    • 10進: 44762
  • 四角号碼: 47932
  • 倉頡入力法: 木日女 (DAV)

点字

編集