漢字編集

  • 筆順 :  
はつがしらの筆順は複数通りあるため該当ページを参照されたし。

字源編集

  • 』の略体。「發」は、音符「」(両足をそろえる様を象る。)に動詞を表す記号である「」を加えた原字に「」を加え、弓をはなつことを表した会意形声文字

意義編集

  1. (ある位置から急に遠ざかる)はなつ
  2. (ある位置から動作の主体が)たつ
    • 出発、東京大阪行き
  3. (自動詞) うまれるおこる
  4. (他動詞) うむおこす
  5. (内から外に)ひろがるひらく

代替字編集

日本語編集

発音編集

動詞編集

する (はっする)

  1. 出発する。
  2. 音声や光、においなどがあらわれでる。はなつ
  3. ある位置始点として、遠方へ短時間に移動させる。発射する。
  4. 原因となる。起源となる。
  5. 権力者が、命令通知を広く伝える。
  6. 言葉や考えを声に出して述べる。
  7. 派遣する。さしむける

活用編集

発-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

する する すれ しろ
せよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 発しない 未然形 + ない
否定(古風) 発せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
発せられる 未然形 + られる
丁寧 発します 連用形 + ます
過去・完了・状態 発した 連用形 +
言い切り 発する 終止形のみ
名詞化 発すること 連体形 + こと
仮定条件 発すれば 仮定形 +
命令 発しろ
発せよ
命令形のみ

接尾辞編集

  1. ハツ銃弾等を数える助数詞
  2. ハツ)そこから出発すること。
  3. ハツ発信すること。
  4. ハツ発祥創出
    • 日本発の情報技術

熟語編集

中国語編集

又は参照

朝鮮語編集

参照

コード等編集