字源

編集
  • 象形。円形の刃を持つ鉞を象る[字源 1]。のち仮借して「ある」「あるいは」を意味する漢語 /*wəək/}に用いる。
    • 『説文解字』では「」+「」+「」と分析され、武器で土地や領土を守るさまと説明されているほか、「戈」ではなく「」を含むと分析する説もある。甲骨文字金文の形を見ればわかるように、これらは誤った分析である。
      

    

 

 
甲骨文字 金文

金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 謝明文 「“或”字補説」 『出土文献研究』第15輯 中国文化遺産研究院編、中西書局、2016年、14-33頁。
    葛亮 「古字新識(十三)――説“邦”“国”」 『書与画』2021年第1期 50-53頁。

関連字

編集
」を音符とする形声文字 (諧声域=*WƏK)
見母 影母 曉母 匣母
一等 平声 灰韻
上声 賄韻 -
去声 隊韻 𪏤
入声 德韻 (屋韻:𪑝𠸹𨪎 𢃤𥇙 𡿿
見母 影母 曉母 匣母
二等 平声 皆韻
上声 駭韻 - - - -
去声 怪韻 -
入声 麥韻 𩪐𢹖𧖻 - 𦑌𤷇𠜻
見母 影母 曉母 云母
三等A 平声 尤韻
上声 有韻
去声 宥韻 -
入声 屋韻 (章母燭韻:
見母 影母 曉母 云母
三等B 平声 脂韻 - -
上声 旨韻 - -
去声 至韻 -
入声 職韻 - - 𤷇𪑝𦑌 𪂉𦈸𪑝𦱂

意義

編集
  1. (動詞)ある、存在する。
  2. (指示詞)ある
  3. (副詞)あるいは

日本語

編集

発音(?)

編集

熟語

編集

中国語

編集

*

熟語

編集

朝鮮語

編集

*

副詞

編集
  1. もしもしも万が一
  2. ひょっとしたらもしかして
  3. あるときにたまに
  4. まれ

熟語

編集

ベトナム語

編集

*

接続詞

編集
  1. またはあるいは

コード等

編集