漢字編集

字源編集

「豊」には二種類の字が存在する(別字衝突)。

  1. 「レイ」と読む字。
    会意。「」+「」、儀礼の代表物である太鼓。儀礼を意味する漢語{禮 /*riiʔ/}を表す字。[字源 1]
  2. 「ホウ」と読む字。「」の略体。「」については当該項目を参照。
  1. 林澐 「豊豐弁」 『古文字研究』第12輯 中国古文字研究会、中華書局編輯部編、中華書局、1985年、181-186頁。
    張世超、孫凌安、金国泰、馬如森 『金文形義通解』 中文出版社、1996年、1170-1171頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、405頁。
    林志強等評注 『《文源》評注』 中国社会科学出版社、2017年、178頁。
    林澐 「豊豐再弁」 『古文字研究』第32輯 中国古文字研究会、吉林大学中国古文字研究中心編、中華書局、2018年、12-16頁。

意義編集

  1. (本来の意義)祭事に供え物を盛る器。
  2. (豐の代用)ゆたかみちる。農作物が多く稔ること。

日本語編集

発音(?)編集

固有名詞編集

  1. (とよ) 九州における旧国称、現在の大分県及び福岡県東部。とよのくに律令施行時に、豊前豊後に分割された。

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


コード等編集