漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「むら、古い形は、邑に替え「田」)」+音符「」、「丰」は穀物が積みあがった様子で、「」、「(→)」の構成要素。円錐形の盛土()をつくり、神に領有を告げる儀式(封禅)を意味し、領有が告げられた土地。

意義編集

  1. くに
    • )」は「囗(かこい、領域)」+「(→)」であって、主に、領域の概念の語である一方、「」は字源に見るとおり、統治の正当性に重きをもった概念である。
    • また、前漢高祖が「」であり、避諱により「邦」を「国」と言い換えた(例:「相邦」→「相国」)ため、漢代以降、「国」が多用されるようになった。
  2. (日本)日本の。

日本語編集

発音(?)編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集