日本語編集

発音編集

東京式アクセント編集

こ↗も↘る

京阪式アクセント編集

↗こもる

動詞編集

こもるもる, る, もる】

  1. (自動詞) (籠もる, 隠る, 込もる) ある一定領域入ったまま出ないでいる。引きこもる。また、外との関係断ってあるものの深く入り込む
    • 執筆のため家にこもる
  2. (自動詞) (籠もる) が中に閉じこめられた状態で、外にはっきりと伝わってこない。
    • 声がこもってよく聞き取れない。
  3. (自動詞) (籠もる) においなどがその場に満ちる立ちこめる充満する。
    • 会場には若者たちの熱気がこもる
  4. (自動詞) (籠もる, 込もる) ある事柄精力感情情熱などが注ぎ入れられる。
    • 仕事に熱がこもる

活用編集

こも-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
こも

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 こもらない 未然形 + ない
意志・勧誘 こもろう 未然形音便 +
丁寧 こもります 連用形 + ます
過去・完了・状態 こもった 連用形音便 +
言い切り こもる 終止形のみ
名詞化 こもること 連体形 + こと
仮定条件 こもれば 仮定形 +
命令 こもれ 命令形のみ

関連語編集


古典日本語編集

発音編集

三拍動詞二類

平安時代編集

こも↗る

南北朝時代編集

こ↘も↗る

室町時代以降編集

こ↘もる

動詞編集

こもるる、る】

  1. きこもる。
  2. かこまれている。つつまれている。
  3. ひそむ。かくれる。
  4. (祈願のため)寺社まりむ。参籠する。
こも-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
こも