日本語編集

動詞編集

はじめるめる、める、(稀)める】

  1. 新たに物事を行うようにする、又は、それまでと状況を異なるようにする。開始する。
  2. 事業などを新たに起こす。創始する。
    • ラーメン屋を始める。
  3. (動詞の連用形に付いて)行為を新たに行うようにする。動作が新たに行われるようになる。
    • 走りはじめる
    • 降りはじめる
  4. (「(を)はじめ」の形で)代表となるものをまず提示し他はまとめて表すときに用いる。を筆頭に。以下
    • 首相はじめ5名の閣僚が参加した。

活用編集

はじ-める 動詞活用表日本語の活用
マ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
はじ める める めれ めろ
めよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 はじめない 未然形 + ない
意志・勧誘 はじめよう 未然形 + よう
丁寧 はじめます 連用形 + ます
過去・完了・状態 はじめた 連用形 +
言い切り はじめる 終止形のみ
名詞化 はじめること 連体形 + こと
仮定条件 はじめれば 仮定形 +
命令 はじめろ
はじめよ
命令形のみ

用法編集

  1. 「初める」表記も以下のように用例があるが、近年では「始める」表記が優勢・一般化している。
    • 1923年, 芥川龍之介「白」[1]
      すると午後四時半ごろ右の狼は十字町に現れ、一匹の黒犬と噛み合いを初めた。黒犬は悪戦頗る努め、ついに敵を噛み伏せるに至った。
    • 1923年, 豊島与志雄「神棚」[2]
      或る印刷所を買い取ってすぐに仕事を初めることになっていた。所がいつまで待っても会社は出来上らなかった。
  2. 「創める」表記はもっぱら語義2で使われる。
    • 1934年, 山本実彦「十五年」[3]
      『改造』を創めてからこの四月で満十五年だ。あれもこれも考えればまるで夢のようだ。
    • 1949年, 上村松園「わが母を語る」[4]
      父は四条御幸町に店を構え、茶舗を創めたばかりのところでした。

関連語編集

翻訳編集

  • はじまる#訳語参照
    (単語レベルでの自他の対立があるのは、多くの言語において比較的まれであるので、暫定的に適用、但し精査を要す)


編集

  1. 青空文庫(1999年3月1日公開、2012年3月22日修正)(底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房、1995(平成7)年4月10日第6刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/149_15204.html 2020年6月27日参照。
  2. 青空文庫(2007年8月16日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第二巻(小説2)」未来社、1965(昭和40)年12月15日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42416_27967.html 2020年7月24日参照。
  3. 青空文庫(2009年4月18日作成)(底本:「出版人の遺文 改造社 山本実彦」栗田書店、1969年2月11日第2刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001368/files/49437_34957.html 2020年7月24日参照。
  4. 青空文庫(2009年6月11日作成)(底本:「青帛の仙女」同朋舎出版、1996(平成8)年4月5日第1版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000355/files/49723_35372.html 2020年7月24日参照。