漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+音符「」。「無」は人が飾りを持って舞う様をかたどった象形文字で、本字「舞」の原字であるが音が仮借され、「存在しない」の意に用いられるようになったため、「(左足と右足を開いたさま)」を添え、「まう」の意とした。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. まうおどる

日本語編集

発音編集

熟語編集


中国語編集

*

動詞編集

  1. (物を手に持って)
  2. まわ

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. 舞踏

コード等編集