キクユ語編集

異表記・別形編集

語源編集

Hinde (1904) は英語 friend にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として muratta および munduitu を記録している[1]

発音(?)編集

  • IPA: /mòɾàːtáꜜ/
最初の a は長母音である[2][3]
Clements (1984:289) によると孤立形あるいは前に ndinoona〈私は(少し前には)見なかった〉がある場合は [(ndìnɔ̀ɔ́nà) mòrààtá]、前に nyonire〈(今日)私は見た〉がある場合も [ɲɔ̀nírɛ́ mòrààtá] である[4]。Armstrong (1940) では mbũri を始めとした makinyaNjoroge〈男性名の一つ〉、nyaga などと同じ「mboriクラス」という声調クラスに分類されている[5]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス3」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩhaatombembekiugomuku などがある。Clements (1984) は mwanamũgeka と同じく Armstrong (1940) の「mboriクラス」や Benson (1964) の2音節語幹の「クラス3」に対応する「HLクラス」に属するとしている。
  • 〔キアンブ方言〕

名詞編集

rata クラス1(複数: arata

  1. 友達[5][6]
  2. 友達。ガールフレンド[7]

類義語編集

語義2:〈女友達〉

対義語編集

関連語編集

名詞:

参照編集

脚注編集

  1. Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 26–27. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Barlow, A. Ruffell (1960). Studies in Kikuyu Grammar and Idiom, p. 234.
  3. "rata" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 372. Oxford: Clarendon Press.
  4. Clements, George N. (1984). "Principles of tone assignment in Kikuyu." In Clements, G.N. and J.A. Goldsmith (eds.) Autosegmental studies in Bantu tone, pp. 281–339. Dordrecht: Mouton de Gruyter; Foris Publications. ISBN 90 70176 97 1 NCID: BA00490049
  5. 5.0 5.1 Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  6. 6.0 6.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  7. 7.0 7.1 7.2 Mugu, Muturi Anthony (2014). Antonymy in Gĩkũyũ: a cognitive semantics approach.