日本語編集

名詞編集

かいてん廻転」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 物体回ること。
  2. よく機能すること。働きがよいこと。
  3. (仕入れられた商品が売れて在庫がなくなりまた仕入れるという一連の動きから)よくさばけること。
  4. (数学) 三次元ベクトル解析において、各点の周りでベクトル場が運動の向きを変えようとする傾向を記述する微分ベクトル場のこと。

表記編集

  • 同音の漢字による書きかえ」(1956年)には、「廻転」の書きかえとして「回転」が掲げられている。ただし、それ以前からどちらの表記も用いられており、例えば『和漢雅俗いろは辞典』(高橋五郎、六合館、1913年)には「廻轉」と「回轉」の両方の表記が掲げられている。

発音編集

  • カ↗イテン

関連語編集

数学用語

翻訳編集

数学用語

動詞編集

活用

サ行変格活用
回転-する