漢字編集

字源編集

  • 象形くぬぎなどの木の実の象形で黒い染料をとるのに用い、「黒」→「明け方」に変化し、時間の位置が「はやい」ことを意味するようになった(藤堂)。さじの象形で、音を仮借したもの(白川)。
     

 

 
金文 簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. 時間の位置がはやい。時間的にさきに来る。
  • 対義字:

日本語編集

発音編集

熟語編集


中国語編集

*

形容詞編集

  1. はや

副詞編集

  1. まえから

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集