漢字編集

字源編集

  • 象形。切り分けた肉の一切れを象る。
   

   

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. にく。しし

日本語編集

発音編集

名詞編集

ニク、(古語)しし

  1. 動物皮膚に覆われた包む柔らかい組織
  2. 鳥獣類から切り取った食肉
  3. 1. 2. に類似する柔らかい部分果肉印肉などの
  4. 霊魂対比しての肉体
  5. 性的イメージ喚起させるものとしての肉体。
  6. 基本的骨組みに付け加えていく具体的内容

翻訳編集

造語成分編集

  1. ニク血縁に関連する語を作る。
  2. ニク本人による。手づからの。直接の。じかの。

熟語編集


中国語編集

*

名詞編集

  1. にく

熟語編集



朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集


コード等編集

点字編集