漢字編集

字源編集

  • 象形。縦棒が二つの貝を貫通した形を象る。「つらぬく」「うがつ」を意味する漢語 /*koons/}を表す字[字源 1]
    • 『説文解字』では「」+「」と分析されているが、金文などの資料とは一致しない誤った分析である。また、「毌」なる字の実在は確認されていない。
  1. 林澐 「説干、盾」 『古文字研究』第22輯 安徽大学古文字研究室編、中華書局、2000年、93-95頁。
    蘇建洲 「西周金文“干”字再議」 『出土文献研究』第20輯 中國文化遺産研究院編、中西書局、2021年、19-25頁。

意義編集

  1. つらぬくとおすとおる
  2. 財貨を連ねたもの、財貨を連ねる紐、ぜにさし
  3. 貨幣の単位。最小単位を1000程度にまとめたもの。
  4. つらぬきとおったもの、すじみち
  5. 出身地本籍
  6. (日本)重さの単位。

日本語編集

発音(?)編集

接尾辞編集

  1. 貨幣の単位。1000文。
  2. 尺貫法における重さの単位。1貫=1000≒3.75kg

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*

熟語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集