キクユ語編集

異表記・別形編集

語源編集

Hinde (1904) は英語 heifer にあたるキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として mōōri を記録している[1]。なお、これに対応するカンバ語は kamolli とされている[1]

発音編集

  • IPA: /mɔ̀ːɾìꜜ/
この o は長母音である[2]
Armstrong (1940) では mũndũ を始めとした hukondigirinjagathirũĩ〈蜘蛛の巣〉などと同じ「moondoクラス」という声調クラスに分類されている[3]。Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス1」で、他に同クラスの2音節語幹語には gĩtekendakakĩama などがある。
  • 〔キアンブ方言〕

名詞編集

mori クラス9/10(複数: mori

  1. 若く、未経産の)牝牛[2]

上位語編集

ことわざ編集

脚注編集

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 30–31. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. 2.0 2.1 Barlow, A. Ruffell (1960). Studies in Kikuyu Grammar and Idiom, pp. 233, 246.
  3. Armstrong, Lilias E. (1940). The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu. Rep. 1967. (Also in 2018 by Routledge).
  4. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.

ラテン語編集

発音編集

語源編集

動詞編集

現在 morior, 不定形 morī, 完了 mortuus sum. (擬受動形)

  1. 死ぬ
  2. 滅ぶ消滅する。
  3. 朽ちる腐る枯れる

活用編集

対義語編集

  • nasci(生まれる、成立する)
  • vivere(生きる、存続する)

関連語編集

諸言語への影響編集