日本語編集

語源編集

古典日本語もと」 < 日本祖語 *mətə

発音編集

名詞編集

もと

  1. はじまり、原因発端
    • 遺産が争いのになる。」
  2. 【元】(時間的に)まえ以前過去
  3. 】あるものの原料となるもの。加工したり、くわえることで、何らかの効果もたらすもの。
    • 「味の
  4. 【基】ものごとが成り立つために必要なもの。(抽象的な意味での)土台基礎大前提
  5. 付け根
    • 」「をおさえて回す。」
  6. 】付け根の位置にある。したの位置にある。あるものの下の部分。
    • 「青空のを元気に駆け回るこども」「暗い場所なので、足に気をつけて転ばないようにする。」
  7. 【下・】すぐ近くにある。
    • の資料をご覧ください。」
  8. 【下・許】庇護支援けた状態。誰かに師事している状態。
  9. 【下・許】すでにある枠組み体制したがった状態。特定のスコープの中であること。
    • 「法のの平等」

対義語編集

副詞編集

もと【元】

  1. (時間的に)前に。以前に。過去に。元来

接頭辞 編集

もと【元】

  1. (時間的に)前の。以前の。過去の。

古典日本語編集

語源編集

日本祖語 *mətə

発音編集

二拍名詞四類(?)

名詞編集

もと

  1. 根本ねもとみき
  2. はじまり。起源原因
  3. 基本基礎
  4. 元手もとで
  5. (短歌)上の句
  6. したの方。そば付近
  7. まい。
  8. むかし以前

対義語編集

副詞編集

もと【旧、故】

  1. 以前に。

接尾辞編集

もと【本】

  1. 草木を数える助数詞。