漢字 編集

字源 編集

   

 

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 裘錫圭 『文字学概要』 商務印書館、1988年、112頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、721頁。
    林志強等評注 『《文源》評注』 中国社会科学出版社、2017年、41頁。

意義 編集

  1. やま

日本語 編集

発音(?) 編集

サ↘ン、セ↘ン、や↗ま
  • IPA: [sáɴ̩, séɴ̩, jamá]
  • X-SAMPA: [sa_HN\=, se_HN\=, jama_H]

名詞 編集

 
日本でもっとも高い富士山
 
多くのが連なる立山連峰
  1. やま土地周囲よりも高く盛り上がった地形
  2. やま高く積みあがった状態。
  3. やま)物事の絶頂
  4. やま)感じの一番強いところ。クライマックス
  5. やま多いこと。
  6. やまあてずっぽう
  7. やま境内。特に比叡山延暦寺をいう。
  8. やま鉱山

接尾辞 編集

  1. やまサンザンセンゼン)山の名称を表す。

翻訳 編集

語義1:

関連語 編集

熟語 編集


中国語 編集

*

名詞 編集

  1. (地形)やま

人名 編集

  1. 中国人のの一つ。百家姓第227位。

熟語 編集


朝鮮語 編集

*

熟語: 朝鮮語 編集

名詞: 朝鮮語 編集


ベトナム語 編集

*


コード等 編集

点字 編集