漢字編集

字源編集

   

   

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 唐蘭 「釈四方之名」 『考古学社社刊』第4期 考古学社編、1936年、1-6頁。
    于省吾 「釈古文字中附画因声指事字的一例」 『甲骨文字釈林』 中華書局、1979年、447-448頁。
    林志強等評注 『《文源》評注』 中国社会科学出版社、2017年、338-339頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、492-493頁。

意義編集

  1. たば
  2. たばねる
  3. (他動詞)終える。(自動詞)終わる

日本語編集

発音(?)編集

名詞編集

  1. たば)幾つかの物を一纏めにして括った物。
  2. つか)梁と棟木との間に立てる短い柱。つかばしら。
  3. つか)表紙を除いた本の厚さ。
  4. ソク)(束論)任意の二点に上限下限の存在する順序集合、あるいは結び交わりという二つの演算を備えた代数的構造。latticeの訳語。
  5. ソク)(射影幾何学)μP + λQ の形をした族の零点集合が記述する図形の族。pencilの訳語。
  6. ソク)(位相幾何学)位相空間の貼り合わせであるような構造の一種。bundleの訳語。

接尾辞編集

  1. (たば)束ねたものを数えるときの助数詞。

熟語編集

中国語編集

*

動詞編集

  1. たばねる、しば

量詞編集

  1. 束になったものの数

人名編集

  1. 中国人のの一つ。百家姓第255位。

熟語編集

朝鮮語編集

*

依存名詞編集

  1. 束ねたものに用いる助数詞。

熟語: 朝鮮語編集

ベトナム語編集

*

コード等編集