漢字編集

字源編集

  • 会意形声』。「」 + 音符「」。「安」は、「宀(やね)+女」で、女性を家の中に落ち着かせ安定させたさまで、元は、安定した木で出来た机、特に食膳をいう。異体字「」が「」に借用され、「よく調べる」「よく考える」の意味が加わった。

意義編集

  1. つくえ。台。膳。神社で神事に使われる八脚台も「案」という。
  2. 押す。押さえる。
  3. 調べる。調べる事柄。考えを要する事項。調査する。
  4. 考える。
  5. 考えた内容。計画。
  6. 考えた内容を盛りこんだ下書き。その書類。
  7. 事蹟の記録、文書。
  8. 基づく、従う。
  9. 基づいて、照らして、計画どおりに。
  10. (日、月、年、人など)ごとに。
  11. (編者・作者が文章に対して加えた)評語、注釈。

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. アン考え
  2. アン原案
  3. アン予想

動詞編集

(文語)案ず/(口語)案じる

  1. じっくり考える
    • 一計を案じる
  2. 心配する。

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

名詞編集

  1. かんが
  2. 案件

熟語編集

ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. 案件

コード等編集

点字編集