漢字編集

字源編集

  • 人が座っている形の象形字「[⿻女丶]」+義符「宀」からなる字。本義は{座る}。この字が、家の中に女がいる形で{安、やすらか}を表したという仮説は、象形字の造字原理に矛盾することや、この字の本義が{やすらか}ではなく{座る}であることから棄却された。甲骨文では「[⿻女丶]」+「宀」からなるこの字と、これに字形がよく似た「𡧊(賓)」の異体字(「女」+「宀」からなる)が存在し、日本の学説ではこの二字が混同されている。
  • 会意』。で、女性が家の中に落ち着くさま。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. やすらかおだやか
  2. やすんじる。やすらかにする。
  3. 値段がやすい低廉
  4. たやすい
  5. たのしむ
  6. おく
  7. いずくんぞ
  • (語義1、2)対義字:

日本語編集

発音(?)編集

いおりさだやすやすし

名詞編集

  1. アン安らかなこと。

熟語編集

中国語編集

*

動詞編集

  1. ける
  2. くわえる
  3. たくら

量詞編集

  1. アンペア

人名編集

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第79位。

熟語編集

朝鮮語編集

*

人名編集

  1. 朝鮮人ののひとつ。

熟語編集

文字情報編集

文字コード編集

点字編集