漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「耂」(老人)+音符「(コウ)」。「丂」は「」等の原字で曲がりくねるの意。もとは亡くなった父親を意味(用例:礼記・曲礼下「生曰父曰母曰妻、死曰考曰妣曰嬪」)。「かんがえる」の意は「」に当てたものか。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. かんがえる
    • 」の代替字としても用いられる。

日本語編集

発音編集

接尾辞編集

  1. あることに関して考えを巡らせた論説を意味する語を作る。

手書きの形字について編集

  • 第5画は左から右に真横に書いてもよい[1]

熟語編集


中国語編集

*

動詞編集

  1. 試験する

熟語編集


朝鮮語編集

*


ベトナム語編集

*


コード等編集

点字編集


脚注編集