日本語編集

名詞編集

(かつよう)

  1. 人や物が持つ能力機能を十分に活かし用いること。
    • 1872年、福沢諭吉「学問のすすめ」[1]
      学問はただ読書の一科にあらずとのことは、すでに人の知るところなれば今これを論弁するに及ばず。学問の要は活用にあるのみ。活用なき学問は無学に等し。
    • 1955年、下村湖人「青年の思索のために」[2]
      頭脳の錬磨は、主として記憶と思考とによって行われます。記憶は思考の手がかりであり、思考は記憶の活用だということが出来ましょう。
  2. (文法) 動詞などが文中において、時制人称等や接辞に応じて語形を変化させること。また、その変化の仕方。
    • 1924年、喜田貞吉「間人考」[3]
      かくてさらにそのハシタナがク・シ・キの活用をなすに至ったのは、本義を忘れられて後の語形上の変化であろう。
    • 1948年、木村荘八「ハイカラ考」[4]
      やがてこの言葉は「ハイカる」と云った工合に語尾の活用を起して動詞となって働き出し、江戸弁に「ヘエカラ」と訛っても通用するようになり、「貧乏ハイカラ」「田舎ハイカラ」等の派出語も従えつつ、

発音(?)編集

か↗つよー
  • IPA: [katsɯ́(_̊)jóː]
  • X-SAMPA/katsM_H(_0)jo_H:/

類義語編集

複合語編集

関連語編集

翻訳編集

語義1

語義2

動詞編集

する (かつようする)

  1. (他動詞) 〔人や物の〕能力機能を十分に活かし用いる
    • 1947年、海野十三「探偵小説と犯罪事件」[5]
      私がそう答えたのは、私がずっと前にその「手口による犯罪捜査術」を勉強して覚えていたのをちょいと活用しただけのことである。そしてこういう勉強は、探偵小説家としては当然しておくべきことの一つなのである。
    • 1952年、中谷宇吉郎「大雪山二題」[6]
      せっかく総司令部の特別の好意で、その基礎の調査は、少くも一部分はとっくに完成しているのであるが、こういう資料を活用しようという気風が、現在の日本には、ほとんどないようである。
  2. (自動詞, 文法)動詞などの言葉が)文中において、時制人称等や接辞に応じて語形を変化させる。
    • 1937年、折口信夫「国語と民俗学」[7]
      いとほしと言ふ言葉は、平安朝で有力になつたが、どうも、もとは「嫌だ」と言ふ事らしい。「厭ふ」と言ふ言葉を語根にしてをりまして、それを形容詞に活用させて、いとほしと言ふんだが、どうも、嫌だと言ふ事に使つたのが第一義らしい。
    • 1942年、橋本進吉「古代国語の音韻に就いて」[8]
      これも「あたみ」をするということで、動詞で「あたみ、あたむ、あため」と活用するものでありますが、それが名詞になって「あたみ」になり更に「あたん」と転じたものでしょう。

活用編集

類義語編集

発音(?)編集

か↗つよーする
  • IPA: [katsɯ́(_̊)jóː.sɯ́(_̊)ɺ̠ɯ́]
  • X-SAMPA/katsM_H(_0)jo_H:.sM_H(_0)l_a_-M_H/

翻訳編集

語義1


中国語編集

発音(?)編集

  • ピンイン: huóyòng
  • 注音符号: ㄏㄨㄛˊ ㄩㄥˋ
  • 広東語
    • イェール式: wut6yung6
    • 粤拼: wut6jung6

動詞編集

  1. 活用する。

朝鮮語編集

名詞編集

활용

  1. (日本語に同じ)活用。

編集

  1. 青空文庫(2008年1月14日作成、2014年4月28日修正)(底本:「日本の名著 33 福沢諭吉」中公バックス、中央公論社、1984(昭和59)年7月20日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html
  2. 青空文庫(2015年12月7日作成)(底本:「青年の思索のために」新潮文庫、新潮社、1990(平成2)年8月25日50刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001097/files/49825_57788.html
  3. 青空文庫(2011年6月30日作成)(底本:「先住民と差別 喜田貞吉歴史民俗学傑作選」河出書房新社、2008(平成20)年1月30日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/001344/files/49817_44336.html
  4. 青空文庫(2008年12月12日作成)(底本:「日本の名随筆 別巻95 明治」作品社、1999(平成11)年1月25日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001312/files/49301_33996.html
  5. 青空文庫(2018年11月24日作成)(底本:「海野十三全集 別巻2 日記・書簡・雑纂」三一書房、1993(平成5)年1月31日第1版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/58613_66542.html
  6. 青空文庫(2017年2月3日作成)(底本:「中谷宇吉郎集 第五巻」岩波書店、2001(平成13)年2月5日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001569/files/57307_60889.html
  7. 青空文庫(2009年8月4日作成)(底本:「折口信夫全集 12」中央公論社、1996(平成8)年3月25日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000933/files/47184_35794.html
  8. 青空文庫(1999年11月9日公開、2012年1月22日修正)(底本:「古代国語の音韻に就いて 他二篇」岩波文庫、岩波書店、1985(昭和60)年8月20日第8刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000061/files/510_46839.html