字源

編集
  • 象形すきに似た土を掘る工具を象る[字源 1]
    • 『説文解字』では「残骨」と説明されているが、甲骨文字の形を見ればわかるように骨や肉とは関係がない。
 

 

 
甲骨文字

小篆

流伝の古文字

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 裘錫圭 「豳公盨銘文考釈」 『中国歴史文物』2002年6期、28-34頁。
    鄔可晶 「説金文“䝳”及相関之字」 『出土文献与古文字研究』第5輯 復旦大学出土文献与古文字研究中心編、上海古籍出版社、2013年、216-235頁。
    王子楊 「釈甲骨文中的“阱”字」 『文史』2017年第2輯、5-15頁。

意義

編集
  1. ほね
  2. わるいよこしま
    • 対義字:

日本語

編集

発音(?)

編集

熟語

編集

中国語

編集

*

熟語

編集

朝鮮語

編集

*

熟語

編集

ベトナム語

編集

*

コード等

編集