東雲 も参照。

東雲の空
辺りはまだ手許がよく見えないほどに薄暗いが、空は白んで日の出(wp)が近い。

日本語編集

語源編集

古典日本語しののめ」 < 「」。明かり取りに用いられた篠竹の編み目から転じ「夜明けの薄明かり」を指すようになり、更に夜明けの時間帯を言うようになった。

名詞編集

しののめ

  1. わずか明るくなる。東の空が白らむ時間帯
  2. 和歌(wp)] 「明く」「ほがら」にかかる枕詞語意原義と同じ。

翻訳編集

夜明け
 
東雲色を見ることができる、東雲の空

関連語編集

派生語編集
類義語編集

古典日本語編集

名詞編集

しののめ

  1. (現代語に同じ)しののめ。