まげる も参照。

日本語編集

語源編集

古典日本語「まく」(負く、敗く)

動詞:負、敗編集

まけるける、ける】

  1. 相手争った結果、相手より劣る立場となる。
  2. 他と比べ劣る
  3. 欲望困難などを切り抜けられずにする。
  4. ギャンブルなどで金銭失う
  5. 薬品アレルゲン刃物などで皮膚かぶれる
  6. 値段安くしたり、品物余分渡したりする。
  7. (古)相手に従う

活用編集

ま-ける 動詞活用表日本語の活用
カ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ける ける けれ けろ
けよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 まけない 未然形 + ない
意志・勧誘 まけよう 未然形 + よう
丁寧 まけます 連用形 + ます
過去・完了・状態 まけた 連用形 +
言い切り まける 終止形のみ
名詞化 まけること 連体形 + こと
仮定条件 まければ 仮定形 +
命令 まけろ
まけよ
命令形のみ

発音編集

東京アクセント
ま↗ける
京阪アクセント
↗まける

類義語編集

語義1

語義2

対義語編集

関連語編集

翻訳編集

動詞:方言編集

まけるける】

  1. (方言:四国・岡山・淡路等)溢れるこぼれる
    • そんなに入れすぎたら撒けるで。(そんなに入れすぎたら溢れるよ。)
    • (四国方言)走って持って行きよったけん(行きよったき)撒けてしもうたわ。(走って持って行っていたからこぼれてしまったよ。)
  2. (方言:山梨・群馬・埼玉・宮城等)撒くこぼすぶちまける

発音編集

東京アクセント
ま↗け↘る
京阪アクセント
ま↘ける
まけ↗る

関連語編集