漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+「」、いずれを音符としてもよい。「人」が複数いて最小限の社会関係が作られること。ただし金文、古文の字形では「人」は腰掛けるような形であり、その背中側下部に短い「二」線をおくことから、人に敷物を供し思いやることが原義とする説もある。
           

 

 
金文 簡帛文字 簡牘文字 古文

小篆

流伝の古文字
戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. 人間
  2. 「人」を「人」として扱うこと。
    • 儒教における最も重要な徳目
  3. 寛容柔和な心を持つこと。
  4. やわらかいこと。
  5. やわらかい種。

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. ジン儒教における最も基本的かつ重要な徳目打算など無く、自然に相手を人として尊重すること。
  2. 人の意。御仁朴念仁
  3. ジン胡桃くるみの種の固い殻の中にある柔らかい実。
  4. ジン)《生物学》核小体の別名。

熟語編集

熟語編集

中国語編集

*

名詞編集

rén

  1. 中身なかみ

人名編集

Rén

  1. 中国人ののひとつ。

熟語編集

朝鮮語編集

*

名詞編集

  1. (日本語に同じ)仁

熟語編集

ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. 中心部

コード等編集