漢字編集

字源編集

  • 会意、「」(穀物)+「」()で、穀物を鋭い刃物で収穫することで、「するどい」の意と、刈り取ったものから「もうけ」「もうける」の意が生じた。一説には、「刂」はで、水はけ等を良くすることとも(「」の字源解釈とあわせると説得力がある)。
   

 

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. 鋭い
  2. 都合良い
  3. かしこい
  4. 役に立つ。
  5. 通りをよくする。
  6. 潤いもうけ恵み

日本語編集

発音(?)編集

名詞編集

(リ)

  1. )ためになること。もうけ恵み

類義語編集

対義語編集

造語成分編集

(リ)

  1. 利子」、「利息」を意味する語を造る。

派生語編集

熟語編集


中国語編集

*

熟語編集


朝鮮語編集

*


ベトナム語編集

*


コード等編集