日本語編集

成句編集

(しちほのさい)

  1. 詩章優れていること。曹植そうち / そうしょくが、七歩進む間に詩を作ったとの故事から[1]
    • 其より後、詩は捲盛唐波瀾七歩才、文は漱芳潤、諳万巻書玉しかば、貞観十二年三月二十三日対策及第して自詞場に折桂玉ふ。(『太平記』巻12・大内裏造営事付聖廟御事)
      それ(幼少時に五言絶句を作って見せたこと)以後、(菅少将は)詩では盛唐時代の詩文にも勝り、七歩の才と謳われた曹植をも凌ぎ、文章ではの美文を学び、万巻の書を暗記なさるほどだったので、貞観十二年(870年)三月二十三日、対策(官吏登用試験)に合格し、文壇にその才覚を現されたのです。

由来編集

世説新語上巻下・文学第4

【白文】
文帝嘗令東阿王七步中作詩、不成者行大法。應聲便爲詩曰、
煮豆持作羹 漉豉以爲汁
萁在釜下燃 豆在釜中泣
本自同根生 相煎何太急
帝深有慚色。
【訓読文】
文帝、かつて東阿王をして七歩の中に作らしめ、成らずんば大法を行はむとす。に応じて便すなはち詩を為りいはく、
て持つてあつもの[2]を作り して以て為す
まめがらは釜下(ふか)在り燃え 豆は釜中(ふちゆう)に在りて泣く
もと同根より生じたるに あひ何ぞはなはなる」と。
深くづる有り
【現代語訳】
の)文帝(曹丕そうひ)が、ある時(弟の)東阿王(曹植)に対し、七歩あるく間に詩を作るよう命じ、作れなければ極刑に処すると言った。(東阿王は)曹丕の声に応じてたちどころに詩を作って言った、
「豆を煮て羹を作り、味噌を漉して汁を作る
豆殻は釜の下で燃え、豆は釜の中で泣く
(豆も豆殻も)元々は同じ根から生まれたというのに、なぜ(豆殻は)そこまでひどく豆を煎り付けるのか」と。
(この詩を読んだ)文帝は、深く恥じ入る様子を見せた。
【補説】
詩中の「豆」は曹植を、「萁」は曹丕を暗示している。
曹丕は三国時代のの初代皇帝で、曹操の子。同母弟の曹植を幼少時から妬んでいた。上記の逸話によれば、曹丕は深く恥じ入ったというが、その後も曹丕は生涯にわたって曹植を迫害し続けた。
曹植が作ったこの詩を「七歩の詩」と通称する。『文選巻60、『初学記巻10、『蒙求下巻、『太平御覧巻841などに引用されているが、それぞれに異同がある。[3]

翻訳編集

脚注編集

  1. 上田万年松井簡治『大日本国語辞典』 金港堂書籍、第2巻、1916年10月23日、紙面908ページ、デジタル457ページ、全国書誌番号:43022818、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 954646/457
  2. 肉や野菜に味付けをした汁物
  3. 目加田誠『新釈漢文大系 76 世説新語 上』 明治書院、1975年1月25日、308ページ。