漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+音符「」、「咸」は「(←+)」+「」の会意文字で、武具で脅して口を閉じさせるの意であり、「」の原字で、「感」は口を閉ざすほどの心理的に強い衝撃の意(藤堂)。又は、神器に武具をあわせ神威を得るの意(白川)。

意義編集

  1. 自らの意思に関わらず、自然認識されること。

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. カン物事たり聞いたりして心が動くこと。
  2. カン自ら意思関わらず、自然認識されること又はそのような認識。
    • この点においてこの映画の創作者ルーバン・マムーリアンは一つの道楽をしてひとりで悦に入っているがある。(寺田寅彦 『音楽的映画としての「ラヴ・ミ・トゥナイト」』)

動詞編集

(文語)感ず/(口語)感じる

  1. カン外界からの刺激感覚器官通し知覚する。
    • 喉の渇きを感じる
    • 暑さを感じる
  2. カン性的快感を知覚する。また性的快感を得やすい体質である。
  3. カン)物事に対してにある感情気持ち表す
    • 私は電車に乗ると異状な興奮を感ずる。(高村光太郎 『人の首』)
    • 名人になると全身に鉄を感じる作用がそなわるから、後を見なくても敵の刀の位置がわかるのである。(坂口安吾 『落語・教祖列伝 飛燕流開祖』)
  4. カン)心を深く動かされる。
  5. カン病気感染する。
  6. カン感心して褒める
  7. カン前世行為報い現れる

熟語編集

接尾辞編集

  1. カン感情感じ
    • 達成。満足。失望

中国語編集

*

熟語: 中国語編集

朝鮮語編集

*

熟語: 朝鮮語編集

ベトナム語編集

*

動詞: ベトナム語編集

  1. 感じる

コード等編集

点字編集