漢字編集

字源編集

  • 指事。「」にまさかりを入れ伐ること、「」の原字、切り株の年輪の色を表す。

意義編集

  1. 明るくて、橙色に近い赤色

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. シュ朱色明るくて、橙色に近い赤色
    • その向うの空の濡れた黝朱うるみしゅの乱雲、それがやがては褐となり、黄となり、に染まるであらう。日本ラインの夕焼にだ。(北原白秋『日本ライン』)
  2. シュ朱筆の略。転じて、多くは他人が入れる訂正修正乃至改善指摘
  3. 江戸時代の貨幣単位。

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

ベトナム語編集

*

コード等編集

点字編集