漢字編集

字源編集

  • 会意。「」(穀物)+ 「」(たばねる)で 作物を集めて束ねる事に由来。又は、元の字を「」+「」につくり、穀物につく「」(カメではなくイナゴ)を焼き殺す季節の意(白川)
   

   

 

 
金文 甲骨文字

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. あき季節四季)の一つ。の次、の前。

日本語編集

発音編集

名詞編集

フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。
  1. あき季節の一つ。の次、の前。
  2. とき)何か重要なことのある時期

関連語編集

類義語編集

訳語編集

造語成分編集

  1. の意味

熟語編集


中国語編集

人名編集

  1. 中国人ののひとつ。百家姓第237位。

朝鮮語編集

*

人名編集

  1. 朝鮮人ののひとつ。

熟語編集


ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. あき

コード等編集

点字編集

字典番号編集

  • 康熙字典: 0850.060
  • 諸橋大漢和(日本): 24940
  • 大字源(韓国): 1273.020
  • 漢語大字典(中国): 42595.050