グル も参照。

日本語編集

動詞: 来る編集

くるる】

  1. 話し手のいる場所、あるいは話し手の意識・視点が置かれる場所に、近づく
    1. 動作主が話し手と異なる場合)話し手のいる場所に到着する。話し手に近づく。
      • バスがた。
      • 私のところへなさい。
    2. (動作主が話し手と同一の場合)話し手のいる場所に過去あるいは未来訪れる。また現在訪れている。
      • この映画館は三年前にたことがある。
      • 死ぬまでにもう一度この場所にたい。
      • 私がいまているのは国会議事堂前です。
    3. (九州方言)話し手が聞き手のいる場所に近づく。
      • 今からくるね。(=今から行くね)
  2. 物が話し手に届く
    • 頼んでおいた品物がやっとた。
    • 彼から返事ない。
  3. 設備などが開通する。
  4. 季節時期段階いたる。なる。
    • 春がた。
    • 時間がましたので始めたいと思います。
    • 経営はずっと苦しいが、ここへて人手不足が追い打ちをかけている。
  5. 状態になる。
    • ここまでくると手の施しようがない。
  6. 話し手と共に移動する。一緒に行く。
  7. …に由来する。…が原因となっている(「~からくる」の形)。
    • ラテン語からた単語
    • 寝不足からくる体調不良
  8. 何らかのやりかたで話し手に働きかける。
    • その手でたか。
  9. 感情や直観などが起こる。働く。
    • ぴんとくる。じんとくる。ぐっとくる。頭にくる
  10. いい流れになる。
    • そう、いいよ。てるよてるよ。
  11. (「ときたら」「ときては」「とくると」などの形で)物事を取り立てていう。の場合は。について言うと。となると。
    • 卓球とては彼にはかなわない。
    • 息子とたらいつもゲームで遊んでばかりだ。
  12. (補助動詞、<動作・変化を表す動詞の連用形-て->に接続する)
    1. 話し手のいる場所に近づく。
      • 人が歩いてくる
      • 石が飛んでた。
    2. 動作主がその場を離れ、別の場所ヘ向かう。また別の場所で動作をする。のちにもとの場所に戻ることを含意することが多い。
      • 行ってます。
      • 相談してくる
      • 様子を見てて。
    3. 動作主が移動の途中または直前に動作をして、そののちに特定の場所に向かって移動する。
      • おみやげをたくさん買ってたよ。
      • 財布を忘れてた。
    4. 終点ヘ向かって状態が変化する。また変化し始める。
      • 赤くなってくる
      • 雨が降ってた。
    5. (普通「きた」の形で)動作主が基準の時点まで動作を継続または反復する。
      • これまで三十年間社長にお仕えしてました。
    6. 話し手などに対して行為を行う。
      • 向こうから挨拶してた。
      • 申し込んでた人が十人いた。
      • 変なおじさんがさわってくる
      • 今日の公演は昨日までと演出を変えてた。

活用編集

くる 動詞活用表日本語の活用
カ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
(語幹無し) くる くる くれ こい
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 こない 未然形 + ない
否定 こず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
こられる 未然形 + られる
丁寧 きます 連用形 + ます
過去・完了・状態 きた 連用形 +
言い切り くる 終止形のみ
名詞化 くること 連体形 + こと
仮定条件 くれば 仮定形 +
命令 こい 命令形のみ

語源編集

古典日本語

複合語編集

類義語編集

対義語編集

翻訳編集

話し手に近づく。

動詞:繰る編集

くるる】

  1. たぐる
    • 糸を繰る
  2. 順に送る。
  3. 順にめくっていく。
    • カレンダーを繰る
  4. ばらばらになるようにする。
    • カードを繰る
  5. (古語)やりくりする。

活用

ラ行五段活用
く-る
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型


ラ行五段

動詞:刳る編集

くる【る】

  1. 刃物で回しながら穴を開ける。くり抜く。

活用

ラ行五段活用
く-る
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型


ラ行五段